michi's Favorite life+++



洗い流さないでいい白髪染め ヴィヴァグローチェ

2008 - 11/17 [Mon]

でごいちママは悲しいかな白髪が出易い体質。
出産を経てからここ数年は白髪がどんどん目立つようになってきて、とうとう目立つ表面部分にまで出てきちゃって悩みの種なのです。
かといって、お風呂での染毛は子供がいたずらするし、もし万が一口にでも入れたらと思うとなかなかできなくって・・・・そこで

髪と体に優しい、塗るだけ、洗い流し不要。簡単便利な白髪染め
ヴィヴァグローチェ 染毛ヘアクリーム
の存在を知り、試してみることにしました笑

ヴィヴィア2
通常価格 5,250円 (税込)

朝塗って、そのまま外出OKとか? 
一日つけっぱなしで、洗い流すのは夜でいいとか?
阿藤快さんもおすすめ!だとか?(笑


なにやらめちゃ気になりますキラキラ

なんでも 日光と室内照明によって発色するという、写真フィルムが感光するのと同じ原理を使ったニュータイプの白髪染めだそうで、染料を使っていないから髪や頭皮の痛みが無く、つけたままでも他に色移りしないそう。
目新しくて面白そう♪ワクワクしちゃう~♪

というわけで早速試してみました☆

ヴィヴィア4

付属のコームにクリームを出してなじませます。
白髪染め独特のツーンとした臭いは一切せず。っていうかほぼ無臭。
これは嬉しい~ひゃっほぅ

塗った感じはやや髪の毛がベタベタと油っぽくて、このまま外に出れないんじゃ?と不安に。
でも、ドライヤーを使ってその後セットしてみたら、それほどベタベタは気にならなくなりました。
ただ、時間と共にまたちょっとベタつきが出てきてしまったので、過剰に塗るのはNGみたい。
このさじ加減がちょっと難しいかなぁ・・・と思いました。

このヴィヴァグローチェは、一度でキレイに染まるというタイプのものでは無くて、何度か使ううちに徐々に自然に染まっていくというものなんですが、

1日目・・・・殆ど効果が現れず
2日目・・・・うっすら色がついてきてるものもあるけど、基本的に白髪のまま
3日目・・・・少しづつ染まってきたのがわかります(写真下↓)

ヴィヴィア3

と、結構長期戦の模様。

※私の髪は太くてかなり丈夫。普通の白髪染めでもとっても染まりにくいので染まり方には個人差があると思いマス。

なのであくまで個人的な意見ですが、短気で髪の太い私には向かないな・・・・と思いました。(笑)
それに、私みたいに白髪が結構多く出てしまっていると内側までかなり塗らなくてはいけないので、そうなるといくらサラサラ効果といっても限界があるかも・・・。
ただ、続けていけば染まるのは確実。
要は最初のうちは我慢が必要なんでしょうね。
ベースができてしまえば、後は毎日の簡単な作業で済んでしまうのでやっぱり魅力的な部分は多いです。
それに汗をかいても服に色移りは無かったのでそこら辺と、つけたままでも嫌な臭いは一切無かったのも魅力かな。


                  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ 
             訪問ありがとうございます 応援して頂けたら嬉しいです♪ eriskiss.gif

2 Comments

花毬 says...""
でごママさんもコレ試してたんですね。
これは、本当に部分的に気になる人が向いてますよね。
花毬は、まだ中の方だけですし、前の方はほとんどないんですよね
だからベタツキも気になりませんけど、前に使ったらなんかしっとりしすぎた
感じになりそう~。

でも、コレ応募した事をちょっと後悔。
花毬、パシュミナストールが当たりたかったぁぁぁぁ
抽選枠増えたとか言ってたのに、外れたし・・・。
コレのせいだぁ(。´Д⊂) ウワァァァン!
2008.11.17 21:29 | URL | #- [edit]
でごいちママ says...""
>花毬さんへ

花毬さんゴネてるし・・・(笑)
パシュミナストール・・・私、応募すらしそびれました・・・。
今回のシャツワンピは少し募集人数が多いから淡い期待をしてるんですけど。
でも、服飾系は競争が激しそうですよね・・・・。
当選人数が少ないから当たった方のレビューも見たこと無いし・・・。

ヴィヴァグローチェは私向きじゃなかったです^^;
毛が多いし、白髪も広範囲なのでかなり塗らなきゃいけなくて、折角シャンプーしたての髪がキトキトになってガックリ・・・。
髪が細くて染まり易い人ならいいんだろうなぁ。。。
こういう時に丈夫すぎる髪質を呪いたくなります。(泣)
2008.11.18 00:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://koatari.blog95.fc2.com/tb.php/1154-ac6ba6c0
該当の記事は見つかりませんでした。