michi's Favorite life+++



つや玉 エリクシール ホワイト クリアローション T II お試ししてみました♪

2019 - 03/31 [Sun]

  つや玉  

年齢を重ねたお肌と向き合いつつ、
私が今、一番のスキンケアのテーマにしてるものです。

見た目年齢はお肌のつやで決まるとか
なのでスキンケア、ベースメイク、ファンデーション、全てつやを意識して
丁寧に、じっくりと、モノを選んでいきたいです。


その つや玉 と言えば!のエリクシールから
2019年3月21日 新しく発売されたこちら お試しさせて頂きました♡

エリクシール ホワイトクリアローション T II
エリクシール ホワイト クリアローション T II 1
170ml 3,300円

このエリクシールといえば、篠原涼子さんのCM。
私、ほぼ同年齢なんですけど
ホントお綺麗ですよね。 つや玉もとっても印象的
憧れと同時に、私ももうちょっと!頑張れるハズって励まされます


タイプは
Ⅰ: さっぱり  Ⅱ: しっとり  Ⅲ: とてもしっとり

とありまして、こちらは Ⅱ: しっとり タイプです。


エリクシール ホワイト クリアローション T II 3

少しとろみのあるローションです。
液だれも少しゆっくりめ~
でも、クルクルとお肌に馴染ませてみると、意外とサラッとした水っぽさの方が強く感じ出して。
凄くスッキリお肌に馴染んでいく感じです。

香りは、リラックス感のあるアクアフローラルの香り
香りは? って聞かれて、 あれ?あったっけ?って思うくらい
ほんとにほのかな、 それでいてフワッと癒される優し~い香りです。
エリクシール ホワイト クリアローション T II 4

つや玉というのは、
頬の高い位置に光る、みずみずしいつやのことだそうです。

光=つやって、凹凸があると均一に反射されなくて目立たなくなっちゃいますよね。
お肌も同じで、もっとつや玉を輝かせるためには、凹凸をケアして均一なハリを与える事が大切なんですって。

そのためには、地道に毎日シッカリしたケアが大切なんですね!

エリクシール ホワイトクリアローション TII 8

なるほどなるほど と、つや玉についてお勉強したところで、
推奨されてる コットン使いで 朝晩2回のスキンケアを♪
エリクシール ホワイトクリアローション TII 10

500円玉分位にたっぷりとコットンに染み込ませて
ゆっくりじ~っくり 丁寧に 優しく押さえつける感じでお肌に浸透させていきます。

つや玉を意識して、頬の高い位置は念入りに
エリクシール ホワイト クリアローション T II 7

お肌に馴染ませてみると しっとりとした潤いをしっかり感じます。
私、かなりお肌が乾燥気味なんですけど、
ローションだけでもいけてしまうんじゃないかって思う位、とってもお肌が潤う
かと言って、ベタつく感じは全然しないので、ローション後のお肌がとても心地いい♪

私のお肌にはとっても合ってると感じています♡ 


余談ですが、エリクシールのサイトで 「つや玉度チェック」があったので、
※商品をお試しする前にやってみていたんですよ~
エリクシール ツヤ玉度
結果はいまひとつだったけど、こういうの大好き
エリクシール ホワイトクリアローション TII をじっくり使ってから、
是非またリベンジしてみたいと思ってます!




手編み小花1 エリクシールのキャンペーンに参加中[PR] 手編み小花1



                  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ 
             訪問ありがとうございます 応援して頂けたら嬉しいです♪ eriskiss.gif

3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.04.02 21:05 | | # [edit]
CHIKO says...""
こんにちは♪
お肌のツヤって大事ですよね!
とにかく少しでも若く見られたいですしー( *´艸`)フフフ
つや玉度チェック、ありがたいですね^^
自分に一番合うタイプ選んでから買うのって理想♡

明後日は入学式なので
私も頑張ってツヤツヤで行かないと(*´ω`*)ヒヒヒ


2019.04.03 07:29 | URL | #- [edit]
michi says...""
>CHIKOさんへ

入学なんですね~!おめでとうございます~~
明日は天気良さそう♪? 
いい日になりますように♡

じゃぁツヤ必須ですね( *´艸`)
お互い頑張りましょ~~~!!
2019.04.03 13:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://koatari.blog95.fc2.com/tb.php/3724-b9a0c4f6
該当の記事は見つかりませんでした。